土日も受付!平日は22時まで営業しています

妊孕力を高めて、妊娠しやすい身体に!!

赤ちゃんを迎えるために、まずは妊孕力を高めよう!

妊孕力(にんようりょく)とは、男性もしくは女性の生殖能力のことを意味します。
本来備わっているはずのこの妊孕力が、様々な要因によって低下し、不妊の原因の一つとなっています。

それでは、妊孕力を高めるためには、どうすれば良いのでしょうか。
まず、妊孕力を低下させている原因を考えてみましょう。

  • ①ストレス
  • ②睡眠不足
  • ③運動不足
  • ④生活習慣(食事など)
  • ⑤生活環境

など様々です。
これらの原因を一つでも減らし、妊孕力を高めていきましょう。

妊孕力を高める為に必要なこと

①ストレスを減らす
人間関係など様々なストレス環境下に置かれがちな現代ですが、心の持ち方により心を平静に保つことが重要です。

②睡眠を十分にする
睡眠は、身体的・精神的回復にとても重要です。最低でも6時間は睡眠しましょう。

③運動をする
運動は、体を芯から温め、血流を改善し内臓や組織、器官を健康に保ちます。運動の習慣をつけましょう。

④食事の重要性
身体を形作り、維持するのはやはり食事から得られる栄養です。なるべく栄養のバランスを考え偏りのない食事習慣を身につけましょう。

⑤生活環境
自分の身の回りにある物や雰囲気、自然や人工的なものまですべてのものは、自分に影響を与えます。それら身の回りの環境を整え、自分が気持ちよく過ごせるようにしましょう。

これらをすべて行うことは、難しいことかもしれません。それでも、自分ができることを、一つ一つ少しずつ行えば、必ずや自分の中に良い変化が見つけられるでしょう。

自分自身が健康になり、そして妊孕力を高めて、健やかな妊娠を目指していきましょう!
赤ちゃんの誕生を願う方のためのトレーニング&トリートメントをご紹介させて頂きます。

赤ちゃんを授かるための身体作りが目的です。

赤ちゃんを望む皆様に、まずは、ご自分やパートナーの身体作りをお勧めします。

自分の施術経験や知識で改めて思うことは、
「身体を良くすれば、自ずと結果がでる。」
ということです。

身体を良くすることが大切

「身体を良くする。」とは、

BMI(Body Mass Index)を標準に近づけることが挙げられます。

BMIとは、
体重と身長の関係から人の肥満度を示す体格指数です。

1835年にベルギーのアドルフ・ケトレーが、統計手法を導入して、人の身長に対して適正体重と実際体重を比較するボディマス指数(BMI)を提案しました。

まずは、ご自分やパートナーのBMIを知りましょう。

また、基礎代謝を上げることも重要です。適度な体脂肪に筋肉量も必要です。どちらも身体を良くするには必要不可欠な要素となります。家庭用の体重計でもおおよその目安にはなりますので、計ってみましょう。

当院でお手伝いする内容

そして、当院で行う身体を良くする身体作りの内容は、

①筋力トレーニングを行い、身体を引き締めることにより、基礎代謝を上げ血液の循環を促進する。

②ゲルマニウム温浴で、両上肢及び両下肢の血液の循環を促進する。

③下肢及び背部のオイルトリートメントにより、自律神経を調整する。

④下肢にあるツボや経絡を刺激する。

⑤温熱療法で、下肢や臍下など身体を温める。

です。

皆様の、身体を良くする身体作りを

心を込めて、お手伝いさせて頂きます。

ますば、体験コースもありますので、是非お試し下さい。

体験コース

①ゲルマニウム温浴20分
②加圧トレーニング20分
③トリートメント20分
④温熱療法10分

6,480円です。

ご連絡お待ちしております。

コメントを残す

必須欄は * がついています


学芸大学前・中目黒の整骨院や加圧トレーニング